日本のものつくりを支える集団


The Group of The Japanese Craftsmen


2011.9.09



2011年9月9日午後4時30分から、東京都府中市の相田化学工業株式会社の工場見学を実施いたしました。参加者は15名。同社は、産業廃棄物回収及び特別管理産業廃棄物の処理、産業廃棄物収集運搬、貴金属分析及び貴金属リサイクル、廃プラスチック焼却処理、アートクレイシルバー・ゴールド(貴金属粘土)の製造・販売等、貴金属のリサイクル・産業廃棄物の適正処理を行なう会社。

 工場見学では、銀、金などの精錬過程について専任のご担当者から詳しく説明を聞いたほかに、家庭にあるガスコンロで純銀になる粘土をはじめ、新たに開発された純銅になる粘土などについての説明を受けた。

 工場見学終了後の懇親会の席では、同社の専任担当者を交えて親睦を深めるとともに、見学中に聞けなかった質問の数々が交わされた。特に関心を集めたのは、「アートクレイシルバー」という、思いのままに銀アクセサリーができる粘土について。「ものつくり技の会」のメンバーの中には、なんとか仕入れて、自社の製品開発に活かせるかどうか、意欲的に検討する様子がうかがわれた。


|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|