日本のものつくりを支える集団


The Group of The Japanese Craftsmen

眼鏡(金・プラチナ・銀)

会社概要

当社は、貴金属(金・プラチナ・銀)で作る、メガネフレームメーカーです。
大正中期に、初代川上徳次郎が東京・本所にて創業。以来眼鏡の製造技術に飽くなき探究心をもって取り組み、道具も職人の手で作り上げ、加工のスタイルは創業の頃から一貫して、基本は全て手造りで行っています。

010.JPG046.JPG

得意技

眼鏡フレーム(金・プラチナ)は地金から、すべて社内で製作可能な設備と技術を備えているため、特殊な形状やサイズにも対応出来、部品も1個から作ります。

1 冷間鍛造製法による、素材の特性を生かした眼鏡枠つくり。
2 眼鏡のパーツは、1個(ネジ・ナット含む)から注文対応。
3 自社における素材(地金)からの一貫生産。
4 現物・デザイン画・スケッチなど、それぞれから1枚物・量産品に対応。
5 石留め・七宝(エポキシ)・ダイヤモンドカット加工など、その他装飾にも対応。
6 修理も即日対応。
7 リフォームも対応。
8 切削・プレス・ロー付け・磨き・レーザー溶接・レーザー刻印など、さまざまな加工に対応。
9 上記技術を生かしての、眼鏡フレーム以外にも対応。
10 セルロイド・アセテート・ウッドなどの素材を使ってのフレーム製作にも対応。

独り言

今日現在、これだけ機械が進歩しても人の手と勘は必要不可欠。けれども現状は、コストコストで職人の技が衰退し後継者も育たず、販売する側も、製品を分からずに価格で売っている。職人の技などは、無くなってからでは手遅れで、実際、現物はあるのに、どの様に作ったかが解からないという物があります。このような流れの中ですが、絶対に失くしてはいけないものを維持し続け、一歩一歩進んで行こうと思います。

設備

小松マイプレス(300t) 小松製作所  1台
デジタル電動サーボプレス(80t) アマダ  1台
油圧プレス(300t)  共同サービス  1台
・・・その他プレス機多数
バレル(湿式・乾式) 各1台
高周波ロー付け機  3台
スェージング  フェルス 1台
小型フライス   縦型5台 横型6台
ペンチレース  江黒・北村 各1台
彫刻機  坂崎  1台
コンタマシン    1台
小型放電加工機 1台
金型研磨機  常盤 1台
平面研削盤  岡本 1台
圧延ロール機(70mm・50mm・手回し)  各1台
線引き機  1台
ホーニング機 スイス製 1台
バフレース 6台
レーザー溶接機  レーザースター 1台
レーザー刻印機  レーザースター 1台
スポット溶接機  花山 1台
ウォーターウェルダー溶接機  富士物産 1台
高周波溶解炉  花山 1台

・・・・・・・その他多数

05-03-15_11.JPG地金からの素材作り01-09-24_13.JPG地金の締め01-09-24_17.JPG圧延

10-12-21_175.JPG
05-03-15_7.JPG
05-03-15_23.JPG
10-12-18_22.JPG
05-10-21_12.JPG
05-10-21_5.JPG
05-10-18_19.JPG
10-12-21_163.JPG

所在地

〒174-0056
東京都板橋区志村2-15-7
電話:03-3965-5151
FAX:03-3965-5154

職人プロフィール

P1000781.JPG

氏名     川上彰信
生年月日   昭和38年9月17日
血液型     O型
モットー    人と人との繋がりを大切にする
趣味      テニス・犬の散歩

FACEBOOKLinkIcon

入社経緯

幼いころから作業場も遊び場で、雨の日は特にですが、ヤスリ・金槌・糸鋸などなど、触っていたので自然に使えるようになっていました。それから、物を最初から最後まで一人で作ることの面白さと満足感を覚え、本格的にこの道に入りました。