日本のものつくりを支える集団


The Group of The Japanese Craftsmen

特殊型出し革造形師兼金属加工師

会社概要

(「起業の経緯」からのつづき)
その商品とは、革に尖った金属の鋲を打ち付けた手首に巻くベルト状のもの=リストバンドでした。
海外の映画やロックバンドの写真では見たことがあるものの、
日本では、そんな無用なしかも喧嘩の道具のように思われそうなものは存在していません。
当然、材料も工夫をして鞄の金具や靴の美錠を流用して作るしかない状態で始めましたが、どうしても理想の材料が欲しく、
自分で旋いた金属の鋲の見本を持ち込んで作ってもらえる問屋さんを探し出しました。
問屋さんやその後ろに控えて支えていたはずの工場がどんどん衰退し、価格も破壊され、
あった筈の誇るべき技術もないがしろにされている。
そんな今、「ものつくり技の会」で新たな道を探すことに私も参加しています。

jap03_big.jpgjap04_big.jpg

得意技

オリジナルという意味では、金属加工、そして革細工から始め、現在もある意味、変わらずそれを続けていますが、さらにいろいろなものが出来るようになり、例えば、彫金による銀細工やワックスワーク、また特殊な型出し方法による革造形などです。
特に最後にあげた革造形は弊社の仕事の半分を占める「衣装制作」の分野で大きく活かされており、映画や舞台の格を高める技として注目されています。

独り言

独りで出来ること、独りでしか出来ないこと、独りでも出来るけれど二人、あるいは三人いれば、もっとうまく出来ること・・・・・・それが理想。
たくさんの人間がいなければ出来ないような、大きな会社でやっているような仕事はあまりやりたくない。自分の目で最終の形が出来るところまで、創り上げたいから。でも、独りでは出来ない仕事があることも分かっている。

設備

各種たがね、やすり、へら等々。
同じように見えても、自分の手になじんだ道具。

蠖ォ驥・.jpg髱ゥ騾蠖「.jpgjap05_big.jpgjap06_big.jpgjap07_big.jpg

所在地


大きな地図で見る

〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-5
電話:0422-43-6853
FAX:0422-43-6998
オフィシャルサイトLinkIcon

職人プロフィール

jap01_1.jpg

氏名     川上 登
生年月日   昭和36年4月6日
血液型     A型
モットー    世界征服
趣味      瞑想・音楽

FacebookLinkIcon

起業経緯

仕事場.jpg
私は、今の仕事を文字通り、「地べた」から始めた。ある男からひょんな経緯で預かることになった商品を並べた布に、手作りの革のリストバンドを加えて販売したのだ。元来、「創造して作る」、「見たことのないものを作る」ことが好きだった私の、地べたに敷いた布の上に並べられた商品は、当時80年代初頭という時代の風にも押され、小売店をやっている連中の目に止まり、あっという間に一人では作りきれない量の注文をいただき、気がついたら数人の仲間を引き込み、「JAP工房」という名前の会社が誕生したのである。