日本のものつくりを支える集団


The Group of The Japanese Craftsmen

装身具研磨

会社概要

PVA砥石と布バフのコラボで奏でる、光沢の仕上げ!
さらなるメッキ加工で、高級感あふれる製品に変身します。
いろいろな製品にふさわしい研磨があり、その技術を提供するのが、私の仕事です。
機械が研磨等をするのではありません。人間の目と勘で、見た目以上の仕上がりが実現します。

32.JPGDSC00002.JPG

得意技

PVA砥石の両側面での「両手下ずり板掛け!」をご覧下さい。

独り言

最近の職人さんは、自分の作業だけを考えるだけで、次の工程のことは、全く考えていないような気がする。品物を仕上げるためには、次の職人さん(工程)のことを思って欲しい!
適当に仕上げられると、直すのに非常に時間が掛かるし、いい製品にはならないと思います。

設備

●下村電友社製:バッファー 単相 DB-400N 1/2馬力。レジンダー 単相 DRS-044
●(株)カイジョー製:超音波洗浄器 PHENX2  26khz。
●集塵機アトミック社製 FB-1500A
●日本特殊研砥(株) PVA砥石 ♯1000、♯320、 ♯220。
●(株)光陽社製 青棒 G-300ソフト、青棒G-375・自研用形、ライムM-336B、グリーンライム、サティナー。

58.JPG12.jpg
46.JPGDSC00033.JPG107.JPG

クリックすると拡大します。

所在地


大きな地図で見る

〒114-0023
東京都北区滝野川2-25-1
電話:03-3917-1546
FAX:03-3917-4827

オフィシャルサイトLinkIcon

職人プロフィール

sibayama01.jpg

氏名      柴山明宏
生年月日   昭和38年11月6日
血液型     O型
モットー    手抜きは最大の敵
      雑は愚か者の結論なり
趣味     草野球  

FacebookLinkIcon

入社経緯

93.JPG

装身具の研磨業を営む父親のあとを継ぐため。幸いなことに、工業高校進学したものの、その校風がなじめず、半年で中退。迷わず、柴山加工所に見習いとして入り、16歳の誕生日から修行を開始。現在に至る。
2012年2月6日、東京都北区のきらりと光るものづくり顕彰の「きらめき技人顕彰部門」を受賞(授賞式の模様はこちら)。