日本のものつくりを支える集団


The Group of The Japanese Craftsmen

革靴

会社概要

ただ革で作った「靴」ではなく、なぜ革で「靴」を作るのか?
これが常に原点にあり、私は、革で作る意味のある商品を作ることに心がけています。
物作りは、淡々と取り組めばできあがるものではありません。
「常に何かと戦う・・・・・・」、これが私の物作りのスタイルです!

sato10_big.jpgsato04_big.jpg

得意技

飾り物の原型造り。革の造形、例えば靴に使う革を活かすための造形など、あらゆる素材にマッチした造形を手がけることが、当社の特徴です。
これまで、某○○スポーツの依頼で手がけた、光ゲンジのローラースケート、アクセサリーの立体物、塩化ビニールの造形とヒールキャップなどがあります。

独り言

死して屍拾う者なし。

設備

やはり何と言っても、これまで磨き上げてきた技を持つ、「手」と「目」がすべてです。口で語るより、実際に使っている道具をご覧ください。

_MG_5830.jpg_MG_5888.jpg

sato03_big.jpg
sato04_big.jpg
sato05_big.jpg
sato06_big.jpg
sato08_big.jpg
sato07_big.jpg
sato09_big.jpg
sato10_big.jpg

所在地


大きな地図で見る

〒111-0021
東京都台東区日本堤1-7-3
電話:03-3874-2441

職人プロフィール

sato01.jpg

氏名     佐藤匡信
生年月日   昭和39年4月27日
血液型     A型
モットー    精神力
趣味      開発

FacebookLinkIcon

入社経緯

祖父の時代から履物の仕事を始め、私は3代目にあたる生粋の職人一家育ちです。実は、父の会社に入れてもらったことがありますが、勝手にやめ、自分の会社「製造業 佐藤」をおこしました。